選択

リアルマネーカンボジアカジノ 選択

リアルマネーカンボジアカジノ 122519

カンボジア には多くの カジノ があり、その総数は米国のラスベガス、中国のマカオに次ぐ多さです。カンボジアのカジノは、言語面での対応こそ各施設によって違いがあるものの、旅行者であっても気軽に楽しめるような仕組みが整えられています。 主な遊戯設備としてはスロットマシンの機械を使用したゲーム、バカラ、ルーレットブラックジャック、ポーカー等のディーラーを介したテーブルゲームに加えて、日本で馴染みの深いパチンコを設置しているカジノも多く見られます。 ポイペト地区とバベット地区にカジノが多い また、カンボジアのカジノには地域的な偏在が見られるという特徴があります。首都のプノンペンにもカジノ施設は見られますが、主に多いのは北西部のタイ国境に隣接するポイペト地区と、南東部のベトナム国境に隣接するバベット地区です。 これには隣接する両国の事情も大きく関わっています。 (ポイペト地区)               (バベット地区) カジノが禁止されているタイの人々が利用 まずタイでは、宗教的事情もあってギャンブルへの抵抗感が強く、国民向けのカジノの合法化がされていません。一方のベトナムでは、ディーラーによるテーブルゲームの開催が法的に禁止されているという事情があります。 従ってカンボジアでは、 この両国国境にカジノを集中させる事で両国の国民を顧客として取り込むと共に、両国へ観光目的等でやって来た旅行者をも顧客としようという思惑があり、こうした地域偏在した施設配置がされているのです。 カンボジアのカジノ戦略 特にベトナム国境のバベット地区においては、ベトナムの首都であるホーチミンの方が距離的に近い事もあり、バベット地区を訪れる事を前提としたベトナム旅行ツアーも多く組まれる傾向が見られています。 カンボジアとしては、上記のように国内でカジノが楽しめないタイの人々やディーラーがいるテーブルゲームでプレイできないベトナムの人々をターゲットにした戦略で大きな成功を得ていると言えます。

1·2·3·4·5·6