モリーズゲームの感想とネタバレをラスト結末まで!あらすじとキャストも紹介 選択

ライブ配信動画モリーズゲームカジノ 730884

元モーグル北米選手権3位の選手で、後にセレブ相手の違法ポーカー経営の容疑で逮捕され、ハリウッドも巻き込んだスキャンダルとなったモリー・ブルームが年に出版した自叙伝の映画化。 監督はアラン・ソーキン、主演はジェシカ・チャステイン、共演にイドリス・エルバ、ケヴィン・コスナー。

モリーズ・ゲーム 評価と感想/圧倒的台詞と情報量で畳み掛ける140分

採点するには ログイン が必要です。 ジェシカ・チャステインは、年、年ハリウッドでも最も輝いた女優の一人と言って良いのではないか。『女神の見えざる手』でも見せた強く冷酷な勝負師でありながら、脆さを奥に秘めているというキャラクターは、今彼女以上に上手く演じられる人はいないかもしれない。 怪我でキャリアを棒に振らざるを得なかったアスリートが、高額ポーカーゲームの世界でのし上がる。大きな挫折を乗り越える強靭な精神力と百戦錬磨のセレブたちを手玉に取る知略、ギャンブルの世界に身を置きながらも高潔さをも失わない。その裏には、父との葛藤。非常に複雑な役どころを見事に演じきっている。 脚本家、アーロン・ソーキンのテンポ良いセリフの応酬も相変わらず素晴らしい。イドリス・エルバやケビン・コスナーらの脇を固める俳優たちも大変にいい味を出している。 『女神の見えざる手』と本作で、ジェシカ・チャステインへの信頼度は格段に上がった。彼女が出演するならとりあえずその映画は観たいと思わせるほどに。 モリーズゲーム これが実話を基にした作品ということに驚き。 以前に鑑賞した『女神の見えざる手』ですっかりジェシカ・チェステインのファンになってしまいました。 一本芯のある知的美人を演じたら無敵だな。 共演しているイドリス・エルバとの掛け合いも小気味よく、トントンと進んでいく展開が見ていて楽しかったです。 オリンピック選手という夢が怪我によって断たれ、その後は自分の才覚だけで裏カジノのオーナーになるって普通では考えられない人生ですが実話。 出版社にカジノの顧客名簿を明かせと迫られても断る。 弁護士に勝訴できるからと言われても断る。 FBIに脅されても断固として顧客を明かさない理由がすごい。 自分のしていることの重さや責任を承知して腹を括っている潔さ。意志の強さが感じられる作品でした。 物語の後半ではトラウマである父親との対話と和解が描かれるのですが、その場面が号泣してしまうほど良い。 自分が生きていることを認めて欲しい。自分の真意を知っていて欲しいという願いが演技に込められていた最高の場面でした。 蛇足ですが ポーカーとかギャンブルって日本では馴染みがないのでルールはチンプンカンプン。横浜にカジノができる前に、せめてポーカーの上がり手くらいは勉強しておこうと思いました。

312·313·314·315·316

ディスカッション