カジノ利権 闇の一端 選択

宝くじカジノ議連 220983

細田博之・IR議連会長(自民党・総務会長)が開会の挨拶を行い、その後、各党、政府(IR推進本部事務局)が活動状況を報告。各党の報告内容は、ギャンブル依存症等対策に集中した。 4月26日には超党派IR議連として、勉強会を開催し、米国、シンガポールのギャンブル等依存症対策の専門家からヒアリングを実施予定。

秋元容疑者、推進深く関与

カジノ実現を目指した動きが師走と ともに、慌ただしくなってきた。民主、自民、公明など6党の超党派 人からなる国会議員は、早い段階での法案提出の可能性を視野に入 れながら各党内での調整を急いでいる。治安悪化などを理由に反対して いる議員に対して、震災復興の財源や国際観光の振興を目玉に法案化を 急ぐ考えだ。 国際観光産業振興議員連盟(IR議連、通称:カジノ議連)の代表 を務める民主党の 古賀一成 衆議院議員は、11月29日に開催された民主の 内閣部会で、臨時国会の閉幕日である9日までに法案を提出する意気込 みを示しながら、「国際観光戦略の突破口をわれわれが開くのだという 思いで、どんなことがあっても次期通常国会で通さなければならない」 と語った。 現行の刑法でカジノは賭博に当たるため法整備が必要。過去に何度 も合法化に向けての機運が高まったが、失敗に終わっていた。今回は震 災復興のための財源としての役割などをちらつかせながら、法案策定作 業を推し進めている。 世界に合法的なカジノがある国の数はカ国以上。マカオは 年にカジノ収入で米国を抜いて世界トップとなった。東洋証券のリポー トによると、マカオの10年のカジノ収入は、前年比58%増の億パタ カ(約2兆円)余りで、米ラスベガスの約4倍の規模にまで拡大してい る。 古賀氏は、「国際観光時代の娯楽として、カジノは世界で受け入れ られている。先進国の中で唯一カジノを実現できていないのが日本だ。 乗り遅れてよいのか」と、カジノ実現の必要性を訴える。カジノ議連で 会長代行の自民党の 岩屋毅 衆議院議員も「せっかくの海外からの優れた 投資をみすみす逃すことにつながる」と指摘する。

「第二のパチンコ」必至

国際観光産業振興議員連盟 (こくさいかんこうさんぎょうしんこうぎいんれんめい)は、 カジノ に否定的な3党( 社民党 、 共産党 、 れいわ新選組 )を除く 日本 の超党派 国会議員 による 議員連盟 [1] 。略称: IR議連 。 年 4月14日 に参加者74人で発足した [2] 。 カジノ の合法化による観光産業の振興を行うと同時に、 パチンコ の換金合法化を目的として発足 [2] [3] 。参加議員は現在名 [4] [5] 。

宝くじカジノ議連 322732

この検索結果をシェア

ゲスト さん [ ログイン ]。 停止 自動更新:5秒。 再読み込み 自動更新を停止しました。 愛していると言ってくれ 年特別版。

167·168·169·170·171

ディスカッション