初心者でも安心!マカオカジノの疑問点やルールを徹底解説♪ 選択

出金ラオスカジノ 521542

人気のゲームは バカラ 、 ドラゴンタイガー 、 ルーレット 、 ブラックジャック 、そしてスロットとなってます。

中国が敷く「初めて」の鉄路 世界遺産の町にも駅

現在のラオスの基礎となるランサン王国が14世紀に都をおいたルアンプラバンは、お寺が多く「仏都」とも呼ばれる。南国の濃い緑に囲まれたこぢんまりとした町である。国民の大半は仏教徒だ。ラオスの国花、白いチャンパ(ラオス語でプルメリアをさす)や鮮やかなピンクのブーゲンビリアが咲く細い通りを毎朝、濃い橙色の法衣をまとうお坊さんたちが托鉢 たくはつ に歩く。私もホテルの近くの屋台でキップ 約円 で「買った」糯米を手づかみで喜捨した。スマホを抱えた旅行客がお坊さんの列を追いかけている。 ここでも、中国国境から首都ビエンチャンへとつなぐ鉄道 約キロ の建設が佳境を迎えていた。ラオスの建国記念日である年12月2日の開業を目指す。起工式からわずか5年で完成させる突貫工事だ。最高時速は旅客がキロ、貨物がキロ。現在バスで1日以上かかるところが、3時間から4時間まで縮まる。ラオスを代表する観光地の古都ルアンプラバンが寄せる期待は大きい。起工式は首都のほか、ここでも行われた。 ゆったりと流れる乾期のメコン河をぶった切るように、セメントの橋げたがぬっと立ち並ぶ。渡し船に乗って川面から眺めてみる。のっぺりとした人工的な橋脚は、こぢんまりとした仏都で強い異物感を放つ。ラオスは、中国の習近平 シー・チンピン 政権が推し進める対外構想「一帯一路」の一里塚にあたる。悠久の大河にかけられた橋げたが、中国の南進達成の記念碑のようにも見える。 中国側によると、鉄道の建設現場で 1 万 7 千人以上が働き、「ラオス籍は 人以上」(中国共産党機関紙人民日報)という。地元の人に聞くと、ラオスの人はモノを運んだり、車を運転したり簡単な仕事に携わっているそうだ。

1.初心者でも大丈夫?マカオカジノの特徴と注意点

埠頭に直結したChiang Saen Immigration。カジノ需要の為だけに簡素な出入国管理小屋ができたのだろう。ラオス側ではカジノを中心とする金三角経済特区を開発し、タイ側でも客を取り込むためにドックヤードまで運営してシャトルボートをピストン運行させている。金木綿とはいったいどういった集団なのか。中国のネット情報を漁ってみたところに拠ると、出所不明のZhao Weiという黒竜江省出身の男が老板として両岸の観光業を一手に担っているようだ。 Chiang Rai Unitedとかいうオレンジ色のサッカージャージを着たカジュアルなタイ人に声をかけられる。「船が着きました。」と、中国語で。川への階段を下りるとKings Romansと書かれた6人乗りくらいの小型スピードボートが待機をしていて、他のタイ人と5人ほどと一緒に乗り込むとすぐに発進。運転手も、着岸・離岸を助けるアシスタントも中国人で固められているようで、みな中国語を喋っている。 中央のテーブルゲームが置かれたカジノコーナーはバカラのみ。20ほどあるテーブルは全部バカラ。他のゲームはというと、ブラックジャックやポーカー、大小などの定番どころも全てなく、端っこの方にちょろちょろと機械式ルーレットとスロットがあるくらい。バカラの方はミニマム20B~と超庶民的カジノであり、客層は成金ファッションの中国人とラオス人/タイ人が半々くらいであろうか。圧倒的大多数はミニマム20~50の低レートテーブルにかじりついている。一応VIPテーブル2台にVIP貸し切りルームが3室あるのだが、誰も使っていないのでディーラーも配置されていない状態だ。後は電話による代理賭博のような専用台もあった。 ディーラーや飲食の給仕スタッフはラオス人が多数で、テーブル上で飛び交うのは現金。チップ交換なんて野暮なことはしません。 で、よくよくテーブルを観察をしてみると、行われている賭博はバカラっぽくてバカラじゃない。バカラとタイガードラゴンを足して2で割ったようなゲームで、参加者はバンカーかプレイヤーではなく、虎か龍か引き分けのいずれかにベット。セット完了後に虎と龍それぞれ1枚づつカードが配布され9に近い方が勝ちという特殊ルールが運用されている。もう単純な運否天賦の世界だが、一応はモニターで過去50戦くらいの虎と龍の戦歴が映し出されていて、皆さん必死になってパターンを読もうとしたり手に現金を握りしめて念じたりしている。ベット額が円程度なのになんだか無性に殺気立っている安ーいカジノである。

183·184·185·186·187

ディスカッション