ギャンブル依存対策の「基本的な考え方」について お気に入り

カジノ法案入場料賭け麻雀 558266

観光振興と言いますが、 7 割から 8 割は日本人と予測されます。そして、政府の説明によれば日本にはノウハウがないので、外資系がやってくると。日本人からお金を吸い上げて、外資系に流れるという仕組みです。

公式アカウントをフォロー

先日IR整備法案(通称カジノ法案)が可決され、 年に日本にもカジノが出来ることになりました。 そんな中、誰もが感じる疑問が、 「カジノで儲かったお金に税金がかかるのか!?」ということ。 今回はそんなカジノを含めたギャンブルと税金の関係について解説します。 カジノで儲かったお金は、 他の公営ギャンブル(競馬、競輪、など)と同様、 一時所得として扱われ、 50万円までは非課税 それを超える部分は半分にして税金がかかる形となります。 ここで、元手がいくらなのか!?も疑問となりますが、 ポーカーやルーレットなどそのゲーム毎というのは現実的ではないため、 その日のコイン購入額からその日のコイン換金額を控除したその日の儲け(勝ち分)に対し、 課税がされる形になることが考えられます。 なお、 ・現状では入場料(6,円)が取られる形のようですが、この入場料は儲かった利益から控除できるのか。 ・夜通しカジノで遊ぶ人はどの時点をもって精算と考えるのか、 ・プロのポーカーが毎日通ったら職業「ギャンブラー」として、馬券訴訟と同様に雑所得とみなされるのか、 などなど、解消すべき問題はたくさん出てくることが予想されます。 こちらも、 儲け(勝ち分)は一時所得とされ、 50万円までは非課税 それを超える部分は半分にして税金がかかる形となります。 そのレースの購入代金は控除できますが、 全レースの購入分を儲け(勝ち分)から控除することはNGです。 なお、 「馬券が経費となるか!?」といった話題が一時期、話題となりましたが、 これは馬券の購入を「営利を目的として継続的行為として行っている場合」に、 負けたレースの購入代金も経費にできるか!?という話です。

カジノ法案可決! カジノで儲かったお金はどうなるの!? 知っておきたいギャンブルと税金について

キーワード: 検索。

カジノ入場料円 法案巡り自公合意、訪日客は無料 :日本経済新聞

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。

91·92·93·94·95

ディスカッション