世界のキャッシュレス普及率ランキング - 海外と日本の「普及率・決済事情」を比較 お気に入り

決済方法控除率 438717

下記の表は、経済産業省による資料 「キャッシュレスの現状及び意義」 からの抜粋となりますが、おもなキャッシュレス決済の例は以下のようになります。

【2020年】ふるさと納税の仕組みと始め方を税理士が解説

地域の特産品や旅行券、食事券など豪華な返礼品で注目を浴びる、ふるさと納税。 ふるさと納税をクレジットカード支払いにするとポイントも獲得して2重にお得です。 一方で、使用する紹介サイトにより使うべきお得なクレジットカードは異なります。 ふるさと納税を行うには、寄付をしたい自治体に現金書留で申し込む、指定の口座に銀行振込するなどの方法がありますが、クレジットカードで支払う方法もあります。 クレジットカードはインターネット上での決済と相性が良く、ネットのセキュリティーシステムや保障制度も進歩したため、あらゆる商品のクレジットカード決済が可能になりつつあります。最近ではふるさと納税でクレジットカード決済できる自治体も増えていて、申し込みやすくなっています。 まず、クレジットカード決済なら現金書留でかかる送料や、銀行振込などの振込手数料がかからないという点が挙げられます。 3大メガバンクの振込料金を例に挙げると、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行とも他行の口座宛てに3万円未満の額を振り込む場合には窓口なら手数料が円かかり、ATM利用で現金で振り込んだ場合でも円かかります。ゆうちょ銀行振替の場合は5万円未満の額を窓口で振り替える場合は円、ATM利用なら80円の料金がかかります。 振込手数料や現金書留の送料は1件だけなら小額に思えますが、複数の自治体にふるさと納税を行う場合は、その都度費用が発生しますので、合計すると数千円の額になることもあります。 この点、クレジットカード決済なら送料、手数料に加え、郵便局や銀行などに出向く時間や交通費も節約することができます。 現代ではインターネットバンキングの利用も普及しており、窓口やATMに比べて振込手数料は安くなりますが、それでも3大メガバンクから他行の口座宛てに3万円未満の額を振り込む場合には円かかります。 また、通常の銀行振込では寄付先口座の銀行名、銀行コード、口座番号などを入力など、暗証番号やワンタイムパスワードを入力して何重ものプロセスを踏むのが普通です。その点、クレジットカード決済の手順は、ネットバンキングで振り込むことに比べるとシンプルであることが多く、気軽に使えます。 クレジットカード決済は1年日24時間、時間を選ばずに寄付ができることもメリットの1つです。 現金書留を出すには郵便局の営業時間に出向かなければなりませんが、なかなか時間が取れない場合もあります。その点、クレジットカードなら時間の空いた時にいつでも決済ができます。 また、税は1月から12月までの年度で計算されますので、12月31日までの1年間に行ったふるさと納税の額が、当該年度の所得税還付と翌年度の住民税控除の対象となります。 年度最終日の12月31日にふるさと納税をしようと思い立った場合でも、12月31日は銀行の休日に当たりますから銀行振込はできませんが、クレジットカードなら滑り込みで12月31日付の決済を行い当年度の寄付とすることが可能です。 ただ、クレジットカード会社から実際に入金された日付をふるさと納税の手続き完了日とする自治体もありますので、ご注意ください。

▼世界のキャッシュレス普及率ランキング - 海外と日本の「普及率・決済事情」を比較

野村総合研究所の「 キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識 」の調査によると、 年には韓国のキャッシュレス普及率が世界で最も高い96。 たとえば、 韓国ではクレジットカードでの決済が主流ですが、中国ではQRコード決済、インドではPaytmやGooglePayによるスマホ決済が主流です。 これらの施策を行った結果、年から年にかけて、 クレジットカードの発行枚数が2。

275·276·277·278·279

ディスカッション