ゴルディロックスと3匹のくま モバイルゲーム

賭け条件ゴルディロックスと3匹のくまスロット 609337

金融市場では、物価(インフレ)の上昇率が高すぎず低すぎず、経済全般が落ち着いている状況を「ゴルディロックス経済」と呼ぶことがあります。それは、多くの投資家が居心地良く感じる「適温経済」と言えます。言うなれば、先行きを強く懸念することなくリスクがとりやすい、投資にちょうどいい状況です。 経済や金融市場は常に合理的に動くとは限りません。企業業績が悪化している一方で、株価が上昇することなど、理屈で説明しづらいことは日常茶飯事です。それを的確に説明することは、そう簡単なことではありません。 そうした状況に直面したとき、多くのエコノミストらが「ゴルディロックス経済到来」と言い始めることが多いようです。この言葉には、分かったような気になってしまう雰囲気があるのかもしれませんが、逆に言えば、どのような経済環境がゴルディロックスに相当するか、厳密な定義はないと言えます。その分、エコノミストらが何をもって「ゴルディロックス」と言うか、その背景を客観的に把握する必要があります。 ゴルディロックス経済という呼び方が使われ始めたのは、年頃と言われています。米国の大手証券会社に勤務していたエコノミストがこの表現を用いたのが最初であるようです。当時、米国経済は3%前後の堅調な成長を遂げていました。一方、物価も安定的に推移していました。この背景には、情報(IT)技術の革新が企業活動などに関するコストを低下させ、徐々に消費者物価が落ち着き始めたことが影響しているのではないかと考えられます。

プロスペクト理論との関連性

Goldilocks and the Three Bears' originally titled 'The Story of the Three Bears' is a British 19th-century fairy tale of which three versions exist。

ゴルディロックスと3匹の熊

認知科学 と 発達心理学 におけるゴルディロックスの効果または原理とは、 乳幼児 が本人自身が認識できる世界の中で、単純すぎずかつ複雑すぎない事象に関わろうとする選好を意味する [3] 。この効果が乳幼児で観察される場合、理想的な学習モデルから予測される、高すぎず低すぎず適度な可能性の視覚的な配列を見せられた子どもは、他に視点をそらさず、見続けるようになる。 天文学 においては、 ゴルディロックスの領域 と 恒星 の周辺で生命が存在可能な領域をいう [4] 。 レアアース仮説 はゴルディロックスの原理を用い、 惑星 は恒星や 銀河中心 から近すぎても離れすぎても、生命を維持することができないとするものである。極限の場合には、生命維持が不可能になる [5] 。条件にあう惑星は俗に"ゴルディロックス惑星"と呼ばれる [6] [7] 。 医学 においては、アンタゴニスト(抑制)とアゴニスト(興奮性)の性質の両方を兼ね備えた物質を呼ぶ。例えば、抗精神病薬のAripirazoleは脳のMesolimbic領域(急性精神病状態の時にドパミンの活動が亢進する)に存在するドーパミンD2受容体に対してはアンタゴニストとして作用しながら、Mesocorticalなどのドーパミンが低活動な領域に存在するドパミン受容体にはアゴニストとしての働きを示す。

330·331·332·333·334

ディスカッション