プノンペンで唯一のカジノホテル・ナーガワールド モバイルゲーム

独占ゲームギャラクシーエンタカジノ 608560

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users。

ユニバーサルエンターテインメント 中国・光彩集団と東南アジアのカジノ事業協業で基本合意

基本合意のポイントは以下の通り。 ・香港に両社の折半出資の合弁会社(Hong Kong Guangcai Universal Entertainment Ltd)を設立 ・ユニバーサルエンターテインメントのカジノ関連機器・システムの販売メンテナンス権を付与 ・上記の販売メンテナンス権は、フィリピンを除く、東南アジアにおける独占権 ・その他、カジノ関連事業の合弁展開。 なお、現在、ユニバーサルエンターテインメントは、カジノ機器に関する事業を展開していない。 Aruzeブランドのスロットマシンなどカジノ関連機器事業は、岡田和生氏の所有下である。 今回の戦略の行方は、ユニバーサルエンターテインメント経営陣と岡田和生氏の紛争にも影響を与える可能性があろう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising。 If you continue browsing the site, you agree to the use of cookies on this website。 See our User Agreement and Privacy Policy。 See our Privacy Policy and User Agreement for details。

ゲームアーカイブス - Wikipedia

カンボジアの首都プノンペンでキリングフィールドや博物館を楽しんだついでに、 唯一の政府公認カジノ「ナーガワールドホテル&エンターテイメントコンプレックス」にも寄ってみたいと考えている方も多いであろう。時間が無いのでまったりとはプレーできないが、折角の機会なのでバイタクに乗って向かってみることに。マレーシア人であるChen Lip Keong氏によって年に創設されたマレーシア資本のこのカジノ、プノンペン市内で年まで続く70年間のカジノ独占営業権を持っているらしい。同氏はかつてフンセン首相の経済顧問を務めたことから今でも首相とは公私共に親しい間柄ということもあり、年までの間はプノンペンのみならず首都の半径キロ圏内においても他社の参入ができないようなライセンスまで取り付けられているそうだ。さすがは世界腐敗認識指数ランキングでか国中に沈むカンボジア、商いをするには政治がモノを言う。 カジノは一階ロビーの両脇にある。Golden Edgeという会員になって24時間以内に88ポイント溜めれば1泊無料というプロモをやっていたが、ノンネゴチップの還元率に関しては教えてもらえなかったので、どれほどプレイすれば良いのかは不明。普段の宿泊はポイント~とのことなので、大盤振る舞いなのは確かそうだが… 肝心のポイント獲得基準が分からないので参考にならないと思うが、一応は各ティアーの条件を記載しておく。

42·43·44·45·46

ディスカッション