法的要件と広告配信の制限: 各地域の法的要件 モバイルゲーム

日本の法案メキシコカジノ 753990

ブラジルでは、4月に上院(Senate)コミッティーが、ゲーミング法案(カジノに加え、ビンゴ、オンラインゲーミング、スポーツベッティングを可能とする)を了承。近く、下院(The House)が独自のゲーミング法案を策定。その後、上院、下院が法案を一本化・可決し、大統領のサイン後に成立の運びとなる見通し。 すでに、ブラジルの暫定大統領のMichel Temer氏および内閣は、を支持する姿勢を示した。

【前述・要約】主な国のカジノ合法化の目的と理由

近年、カジノギャンブリングの合法化は世界的に顕著に広がりをみせており、外貨収入・観光事業の発展など各国において様々な背景からカジノは法的・社会的にも認知され、合法化した国や合法化に向けて歩み始めている国々もあるほどです。 それは、合法化によって得る「財政収入の増加」「犯罪の排除」などのメリットが大きく、また、近年に法制化・導入した国では導入前より治安が良くなった等、健全な娯楽レジャー産業のひとつとして認識されていると言えます。 イギリス/年に賭博法が施行。 「ギャンブルはコントロールすべきであるが、禁ずるべきではない」と言う考え方からカジノを解禁。 オランダ/年に公社を設立。 違法・無法カジノの排除と国家歳入財源の確保の観点から公営カジノとして解禁。 アメリカ/年ネバダ州で合法化。 州財政収入の確保や少数民族の自活などがありますが、当時暗躍していた賭博による組織犯罪の排除も社会的に大きな要因と云われています。

過疎地域復興と州益の保護!民間公認と一部公認が混在するアメリカ合衆国

外国企業 誘致。 ジェトロ海外調査企画課 Tel: E-mail:j-tanshin jetro。 ジェトロについて お問合せ Global Site アジア経済研究所。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

日本の統合型リゾート Integrated Resort、以下「IR」という。 の議論においては、カジノ事業者に係る税金に関して検討が続けられ、特に、GGR カジノ売上高、Gross Gaming Revenueの略称 に比例する税金に関するIR事業者が負担する税率及びカジノ入場料につき重点的な検討が行われてきました。 IR整備法第条 入場料の賦課等 及び第条 認定都道府県等入場料の賦課等 、第条 国庫納付金の納付等 及び第条 認定都道府県等納付金の納付等 では、納付金及び入場料は以下の通りとされました。 本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、 IRビジネスグループ の最新の活動をご紹介いたします。

70·71·72·73·74

ディスカッション