動き出したIR(統合型リゾート)、巨大産業の最前線と海外事例をまとめた モバイルゲーム

リゾート参入方針リゾートワールドセントーサカジノ 507114

事前に、開催場所として有力視されたのは、「シャングリラ・ホテル」「マリーナ・ベイ・サンズ」「リゾーツ・ワールド・セントーサ」であったが、それらは開催場所には指定されなかった。 「シャングリラホテル」は、各種レーティング機関でアジアでも最高クラスのホテルと評価されており、アジア最大規模の定例安保会議「アジア安全保障会議」(シャングリラ会合)が年以降、毎年開催されている。 言うまでもなく、「マリーナ・ベイ・サンズ」(Las Vegas Sandsのシンガポール子会社)、「リゾーツ・ワールド・セントーサ」(Genting Singapore)は、シンガポールの二つのIRである。

インバウンドを加速させる“コト消費”の器

日本の統合型リゾート(Integrated Resort、以下「IR」という。)の議論においては、カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響〔依存症、マネー・ローンダリング(Anti-Money Laundering:以下、「AML」という。)等〕への対応につき、世界最高水準のカジノ規制を導入することで、万全を期すことがIR推進本部会合にて安倍内閣総理大臣によって発表されました。

リゾート参入方針リゾートワールドセントーサカジノ 169092

シンガポール:米朝首脳会談 IRは開催場所ならず。今後のキー・ベニュー指定、PR効果注目

ラッシュ・ストリート は、億万長者として知られる不動産開発者 ニール・ブルーム と金融業界で著名な グレッグ・カーリン の共同経営によって設立された。立ち上げは半ば。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

カジノを含む統合型リゾート(IR)が、ポスト・オリンピックの観光振興施策の目玉として日本をにぎわせている。IRの出現は、長く緩やかに成長してきた日本の観光産業が経験したことのない非連続的な変化を巻き起こす。これを活かして飛躍できるのか、それとも傍観して乗り遅れるのか。IRにより想定される観光産業の量的・質的な変化を探る。まずは、日本の誘致最前線や海外の成功事例を専門家のアドバイスのもとにまとめた。 IRの出現は百年に一度の非連続的変化 半世紀以上にわたる日本の観光産業を振り返ると、年に日本人の海外渡航が自由化されて以降、徐々に日本人のアウトバウンドが拡大し、年には日本人海外旅行者数万人を突破。そして、年からは「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が開始され、インバウンドの拡大が図られている。 DMO・観光局 MICE・IR クルーズ デジタル・テクノロジー 宿泊施設 旅行会社 行政・自治体・観光関連団体 国内旅行 海外旅行 航空 訪日インバウンド 調査・統計・マーケティング。

34·35·36·37·38

ディスカッション