国内初、ベトナム人も入場可のカジノがフーコック島で開業 モバイルゲーム

日本向けのカジノがフーコック 798907

施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。

ベトナム IR開発動向

フーコック島にある皮肉にもコロナリゾート アンド カジノと名付けられた、 地元住民がギャンブルを許可されたベトナムで最初で唯一のカジノ 施設では、新型コロナウィルスが流行する前の数カ月間、 地元の人々よりも外国人客から多くの需要を産んでいた。 カジノ事業者でオランダに本拠を置くアップフィニティ・ ゲーミング・マネージメントが提供する数値によると、 昨年1月にオープンさせたコロナリゾートは、 年全体で合計,人の訪問者を集め、 1日あたり約人、そのうち55%が外国人訪問者が占めた。

ベトナム:フーコック島 Corona Resort and Casino開業~地元資本主体で内国人パイロット対象

現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。 ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。 なお、ホテル内設置の電子ゲームパーラーは、約20ヵ所に存在する。 ベトナムでは、ローカル(内国人)のカジノ入場を禁止。 年3月のカジノ法令(政府が指定する施設にて、要件を充足する国民のみが入場可)の施行後、年1月に開業したCorona Resort and Casinoのみローカルが入場可能なカジノ施設を有する。 アジア太平洋地区において、営業停止中の施設は、韓国のカンウォンランド(唯一の自国民の入場可能な施設)および外国人専用施設、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、マレーシアのResorts World Genting(唯一のカジノ施設)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。 施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。 IR施設の概要は、 ・投資額=21億米ドル ・ホテル群、飲食群、ショッピング、サファリアミューズメントパーク、コンベンショ、劇場など ・カジノフロア=18,㎡(テーブル台、スロット1,台)、24時間営業休みなし。

ベトナム:新型肺炎 4月1日より全カジノ施設閉鎖 15日まで目途~一部除き外国人専用

オーストラリア オセアニア。

220·221·222·223·224

ディスカッション