ルーレットのルールや要点を全部解説!プレーの流れ・賭け方別配当早見表【必読】 カジノのレビュ

ルーレットの配当実際の出金時 614364

実際のディーラーがゲームを進行する様子をライブ映像で見ながら、本場のカジノの雰囲気を楽しめます。 今回はこのライブルーレットについてご紹介します。

バナー・ベラジョンカジノ

カジノのルーレットは、Wheel(ホイール: 画像赤枠 )と呼ばれる数字の書かれた円盤と、テーブル(レイアウト: 画像青枠 )を使用して遊ぶゲームです。 ストレート・アップは別名「シングルナンバー Single Number 」と言って、1つの数字に対して賭ける方法で、36個の数字とゼロを含んだ全てに対して賭けることができます。1点賭けは当たる確率が極めて低いため、当たると高配当が期待できます。 コーナー・ベットは別名「Quad Bet(クゥアド・ベット)」「Quarter Bet(クォーター・ベット)」「Square Bet(スクエア・ベット)」と言って、4つの数字に対して賭ける方法です。 ダブル・ストリート・ベットは別名「Line bet(ラインベット)」「Six Numbers Bet(シックス・ナンバーズ・ベット)」と言って、2列を利用して合計6つの数字に対して賭ける方法です。

カジノ ルーレットの流れ・マナー

特定取引情報 ルーレット1点張りの極意 一 極 法。 今までルーレットのベッティングシステムはアウトサイド(赤黒、コラムなど)ばかり研究してきた。 インサイドは確率が悪く、始めから無理だと無視していたのである。 それが、あるときライブのネットカジノで、インサイド専門の張り方を見て、このような賭け方もあるのかと目が覚めた。 それはフラワーベットに近い方法で、インサイドに10点近くも張り、それが不思議なほどよく当っていた。 右図がフラワーベットで、23を中心にして花のようにベッドする。 中心の23に当れば144倍の高配当。 23以外の19~27に当っても必ず利益となる。 表を見て分かることは200回以上のハマリは少ないが、100回以上はかなり頻繁に出現する。 さすがに300回以上は1回のみで、どうやら 最大のハマリは300回転台と思われる。 100回以上のハマリが連続して出現することがあり、また、連続の後に1~2回の間をおいてまた100回以上のハマリとなるなど、通常のベッティングシステムでこれを攻略するのはかなり難しい。 特に1回の当りで、それまでの損出をカバーする方法では危険が大きく、いつか必ず破綻する。 このルーレット一極法は上記のようなハマリを回避し、必ず訪れる当りの集中帯にて資金を増加させる方法である。 ルーレットで勝つコツはハマリを見極め、連続して当る番号を見つけることが最重要と言える。 パチンコではハマリ台を打つのは厳禁である。 1000回以上も当っていないと、もうそろそろ来るのではと打っても、ほとんど損となる。 たとえ当ったとしても、単発で終り飲み込まれてしまう。 表では12番がそれに相当する。 100回以上のハマリが4回、200回以上が3回も出ている。 このような番号をもう来るだろうと意地を張って粘ると、最悪の結果になる。 「当たり台を追え」 はパチンコだけではなく、ルーレットでも同じである。 確率的に考えると大ハマリを追うのが論理的に思えるが、ギャンブルではそれが傷口を深めることになる。 連続当りの集中地帯 ル-レットを長く続けていると、途中で頻繁に同じ番号が続けて出ることがある。 下図では0が続けて出ている。3回連続も意外と多い。 ルーレット一極法ではこのような連続局面で威力を発揮する。 左は20が連続5回出ている、珍しい例。 非常に珍しいが、ギャンブルに絶対という言葉はない。 あり得ない様な現象が生じるのがカジノである。

231·232·233·234·235

ディスカッション