飲料自販機も「リコメンド」の時代 カジノのレビュ

実践動画自販機 165649

専用の電球による家族見守りサービス「goo of things でんきゅう」。

「ぬる〜い」にも愛着が湧く手作り自販機

株式会社ハタプロは、自社が開発したマーケティング支援AIロボット「ZUKKU (ズック)」と自動販売機を融合させ、街中に新たな発見や体験を提供する次世代コミュニケーションデバイス事業を開始すると発表した。 AIロボット自動販売機は、自動販売機の中にいるフクロウ型ロボット「ZUKKU(ズック)」がペットのような愛らしい姿と動きで人を呼び込み、時間・場所・性別・年代などに合わせて、雑談や会話のきっかけとなるコンテンツを提供し、その場にいる人達のリアルコミュニケーションを促進させる。 また、お客に合わせた商品等も提案することで、購買行動にどのような影響を与えるかも、飲料メーカーの協力のもと実証実験をするという。 自動販売機の中に入る「ZUKKU」は、ハタプロが開発した缶コーヒーサイズの小さなフクロウ型ロボット。小型ながら自動応対による顧客への接客や店舗の見える化など商業に実践的な機能を持つサービスロボットで、人物認識センサーと通信機能が搭載されており、セキュアな形でテータを可視化、タブレットなどディスプレイと連携し広告動画を配信することも可能だ。 設置された場の体験価値を向上させると同時に、コンテンツ配信や広告収益など新たな事業機会を創出する多言語ロボットとして開発され、次世代のスマートシティ・プラットフォームを目指し日々進化している。 「どこにでも置けて、24時間稼動し続けるサービスロボット」という特徴を活かし、店舗や商業施設の自動販売機だけでなく、公共施設や交通機関など様々な場所に展開し、人・街・社会に便利で役立つ存在になるよう「ZUKKU(ズック)」のAIを育成していく狙いだ。 今回、実証実験場所として、株式会社東京ドームの協力のもと、JR水道橋駅から東京ドームシティへの入り口付近に新設される自動販売機にて4月27日(金)から設置する。設置期間は約1ヶ月程度が想定されているが、実験的な取り組みのため、都合により設置期間の短縮や延長が行われる可能性があるという。 関連サイト ZUKKU ハタプロ。 注目のロボット Sota(ソータ) RoBoHoN(ロボホン) Pepper(ペッパー) NAO(ナオ) JIBO(ジーボ) BUDDY(バディ) Musio(ミュージオ) unibo(ユニボ) KIROBO mini キロボミニ ロボットをもっと探す。

Rakuten Innovation

ほんの少しの空きスペースと空き時間だけで簡単に収入を得られる自動販売機ビジネス。しかし街中にはいたるところに自動販売機が設置され、競合が多く満足のいく収入を得るのが難しくなってきています。あらゆる試行錯誤を繰り返した結果たどり着いたのが、 自動販売機メーカーに丸投げせず「自分自身で運営する」 ということでした。 あなたの近所にノンブランドの機械で、いろんなメーカーのジュースが混ざっている自動販売機を見たことがありますよね?そうアレです。 どのようにあなたが自動販売機のオーナーとなり、設置場所や商品仕入れはどうするのかなど、そのノウハウのすべてをお伝えします。 またお伝えしたノウハウを実践中に何か不明な点があれば、個別にサポートさせていただきます。 自販機ビジネスコンサルタントの植村です。 会社員として数社を20年間ほど経験した後、家族の介護のため退社しまして、それを機に通勤生活からは解放されました。 ある日父が委託先の自販機業者を叱責しているのを見て仲裁に入り、ひょんな事からそのまま自販機の営業権を引き継ぎました。 まったくのシロウトでしたので最初は訳が分かりませでしたが、試行錯誤の末、赤字経営から黒字転換することに成功しました。 現在は合計4台の自動販売機に順調に売り上げを稼いでもらっています。 元来の面倒くさがりな性格から、なるべく少人数・ローコスト・ローリスクな運営で、キャッシュを増やすことを目的に、現在は賃貸アパート経営、カーシェアリング、トランクルーム、自動販売機ビジネスコンサルタントと幅広くビジネスを展開中です。 私が自販機ビジネスの魅力に気付いたのは、飲料メーカーのいわゆる正規のベンディングマシーンによる売り上げに不満を抱いたことからでした。 もともと我が家では、私の父が既にメーカー系の自販機を導入していました。 所有していた土地の一角に、業者に丸投げする形で自販機を2 台置いていたのです。しかし肝心の売上額はというと、電気代を払うと殆ど手元に残らないくらいでした・・・。 2台とも大手飲料メーカーの機械で、皆さん誰でも知っているジュースも売っているのに「なんで?」というのが正直な感想でした。

日経クロステック Special

ダンボールで作られた実物大の「自動販売機」の動画がTwitterで 万回以上 の再生回数を記録した。 「自動販売機の仕組み」 と題されたこの動画。もし、まだ観ていないという人は、兎にも角にも今すぐチェック! 自動販売機の仕組み hacomo pic。

37·38·39·40·41

ディスカッション