仮想通貨を使ったプリペイドカード!日本と海外の事例を紹介 カジノのレビュ

ビットコインが使えるプリペイドカード 806921

主要仮想通貨5種類の 「管理」「入出金」「米ドルへの振替」 が行えます。 また、サポート内容に差があるものの、KYC(本人確認)不要で使用することも可能です。KYC登録は「Hcardアプリ」から簡単に行うことが出来ます。

トップ - すべての商品

仮想通貨とは、暗号化されたデジタル資産で、別名「暗号資産」とも呼ばれています 。国家によって価値が保証されている法定通貨ではありません。 引用: 「資金決済に関する法律(資金決済法)」第二条5。

同カテゴリの人気記事

国内大手暗号通貨取引所のbitFlyerはこのほど、ビットコインをチャージできるプリペイドカード「 bitFlyer VISA プリペイドカード 」の発行を開始した。bitFlyerアカウントからビットコインを円建てでチャージし、全国のVisa加盟店でプリペイドカードとして利用できるという。ビットコイン取引所とプリペイドカードの連携は国内初。オリエントコーポレーション(以下オリコ)とフィンテックベンチャーのカンムとの連携で実現した。 bitFlyer VISA プリペイドカードは、カンムが発行しオリコが運営するVisaプリペイドカード「バンドルカード」と提携したもので、bitFlyerが自社ブランドカードとして発行。チャージや残高確認には、バンドルカード同様「 バンドルアプリ 」を使用するという。 利用にはまずbitFlyerに登録し、 Webサイト からカードを申し込む必要がある。申し込み後バンドルアプリでアカウントを作成し、届いたカードのカード番号などの情報を入力してカードを有効化。有効化が完了すれば、アプリのプリペイドカード画面から、入金額を日本円で指定してビットコインをチャージできるようになるという。

ビットコインが使えるプリペイドカード 293967

とてもかんたんにチャージが完了します

ビットコインで直接決済できる店舗やサービスは日々拡大しつつありますが、特に現実の店舗だとまだ使える場所は限られています。 そうした ビットコイン非対応の店舗でビットコイン決済を可能にする のがビットコインデビットカードです。 ビットコインデビットカードはビットコインを円やドルなどの既存通貨に換えて、クレジットカードとして使用できるサービスです。 ビットコインの直接支払いができる店舗は少ない。出典: Blockchain info。 例えばバンドルカードはVisaに対応したプリペイドカードなので、ビットコインを円建てでチャージすれば全国のVisa加盟店で使うことができます。 Visaの加盟店は世界中で万店以上あるため、Visa対応のプリペイドカードを使うだけで一気にビットコインが使用できるサービスが増える事がわかります。

84·85·86·87·88

ディスカッション