【マカオ】カジノも観光も全て楽しめる旅行におすすめリゾートホテル4選 カジノのレビュ

を選ぶべき理由ヴェネチアンマカオリゾートカジノ 692437

マカオは年間を通して温暖な気候です。春と夏は高温多湿で、夏は台風シーズンも到来しますが、秋から冬にかけては気温もさほど高くなく過ごしやすくなるので、旅行には最適です。  マカオへの直行便があるのはご存知でしょうか? マカオの空の玄関口は、年に開港した国際空港「マカオ国際空港」。マカオ航空 (AIR MACAU) のハブ空港です。  成田からマカオまで直行便があり、フライト所要時間は、往路(行き)がおよそ4時間55分、復路(帰り)はおよそ4時間30分。大阪・関空からマカオへの直行便はおよそ4時間とフライト時間も短く、日本から比較的アクセスしやすい位置にあります。  そして、到着後もマカオ国際空港から中心地まで、タクシーでおよそ30分というアクセスの良さも相まって、旅先に着いてからの移動ストレスも低く感じることでしょう!

マカオの主要宿泊エリア

ラスベガスで「Venetia/ヴェネチアン」「The Palazzo/ザ・パラッツォ」などのカジノを展開する、米国ネバダ州パラダイス市に本拠地のある「ラスベガス・サンズ」社が、マカオ初進出のカジノ「サンド」に次ぐ2番目のカジノとして、年8月28日に「ザ・ヴェネチアンマカオ・リゾートホテル&カジノ」がオープンしました。 このホールから放射状に、鳳凰殿 Phoenix 、麒麟殿 Golden Fish 、帝王殿 Imperial House 、赤龍殿 Red Dragon と4つのカジノエリアに分かれ、それぞれのエリアにレストランがあります。カジノの合間に各レストランで食事を楽しみながら一休みもできます。 Straight up。 Six line。 Lucky Big Wheel Aruze 社製。

マカオで人気のカジノホテル10選!服装&年齢などの注意点を解説!

マカオはギラギラとネオンが輝くカジノの街で、今でも開発が進みより華やかな都市へと発展しています。正式名称は、中華人民共和国マカオ特別行政区、年にポルトガルから中国へ返還され、今や世界的に有名なカジノや世界遺産を持つ観光地です。以前は、中国の珠海市に接するマカオ半島と沖合に浮かんだタイパ島、コロアネ島からなる国でしたが、今はタイパとコロアネの間が埋め立てられコタイという地域が作られたため、大きな島になりました。マカオタワーやモンテの砦、セナド広場やマカオ博物館など他にも観光地がたくさんあります。また、レストラン、ショッピング、エンターテイメント、ウォーターパークが1つの巨大な統合型リゾート施設として建設されており、もはやカジノなしでも楽しめる所です。そんなマカオ旅行の拠点となるホテルは、どこにすれば良いのでしょうか。カジノ?観光?リゾート施設?目的は様々ですが、今回は、数多くあるマカオのホテルから厳選してオススメのホテルをご紹介します! マカオおすすめホテル 【マンダリン オリエンタル マカオ】 【シェラトン マカオホテル コタイセントラル】 【グランド ハイアット マカオ】 【コンラッド マカオ コタイ セントラル】 【ウィン パレス】 【JW マリオット ホテル マカオ】 【ザ ベネチアン マカオ リゾート ホテル】 【ホテル オークラ マカオ】 【フォー シーズンズ ホテル マカオ コタイ ストリップ】 【ホリデイイン マカオ コタイ セントラル】 【グランド リスボア マカオ】 【サンズ マカオ ホテル】 【プルマン ホテル 珠海】。

を選ぶべき理由ヴェネチアンマカオリゾートカジノ 468370

ザ ヴェネチアンマカオホテル カジノ

ベネチアンマカオリゾートホテル はマカオの中で特に大型IR(統合型リゾート施設)が多い コタイ地区 に居を構えています。 一つのホテルで部屋数は3,室 、 全室スイート という超豪華仕様にも関わらず、一般市民系ギャンブラーの私島理論うま男でも宿泊できる予算感なのは大きな魅力です。

280·281·282·283·284

ディスカッション