自己破産の完全ガイド ー 自己破産しても残る財産や必要書類、メリット・デメリット、手続きの流れまで完全解説 各種記事

現金万円債務調査 855968

あなたは、自己破産を検討しているものの、自己破産後の生活の変化がわからず、不安になっていませんか? 経験者に話を聞けるとよいですが、自己破産の事実を周囲に話す人は少なく、実態はあまり知られていません。

同時廃止事件と管財事件の概要 ― そもそも一体どういうもの?

自己破産 には、破産手続きと免責手続きの2つのステップがあります。 自己破産には3つ条件がありますが、当てはまらないから自己破産はもう無理だと諦めてはいないでしょうか。 具体例をみながら、以下の4つのケースで免責が許可されるかどうかについて解説していきます。

第二轮纾困金与新经济刺激方案6/5更新+第一轮$1200补助金IRS最新-Stimulus Check Update

自己破産のことならLSC綜合法律事務所にご相談ください

債務整理 Topics。 自己破産とは、原則は財産を処分することで、借金の支払いをする必要がなくなる、裁判所での手続きをいいます。(自己破産については、 こちら にて詳細にご紹介しています) 自己破産には、 同時廃止事件 と 管財事件 の2種類があります。 これら2つの違いは、自己破産手続きをどのように進めるかというところにあります。同時廃止事件は、破産手続き開始決定と同時に、破産手続きを終了させる廃止決定をします。一方、管財事件は、破産管財人が選任されて、破産人の財産などの調査・その後の配当などを行います。 同時廃止事件になるのは、裁判所が「破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるとき」です(破産法条第1項)。つまり、 破産管財人への報酬も含めた破産手続費用が払えると判断されたとき は「管財事件」となり、 破産者の資産が破産手続費用に満たない場合 は「同時廃止事件」となります。ただし、 破産者の資産がない場合にも、免責不許可事由に関する調査をする等のため管財事件になる場合もあります 。 後ほど詳しくご紹介します。 同時廃止事件の場合 弁護士費用 + 予納金等の裁判所への費用(数万円) 2。 管財事件の場合 弁護士費用 + 破産管財人への報酬や予納金等の裁判所費用(約20万円) 1。

自己破産後、あなた個人への影響

そこで、「裁判所は、破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは、破産手続開始の決定と同時に、破産手続廃止の決定をしなければならない」と定められています(破産法条1項)。 破産手続の廃止とは、破産手続を終了させることをいいます。 破産手続の開始と同時に破産手続を終了させることから、このような場合を「同時廃止」といいます。

163·164·165·166·167

ディスカッション