カジノ王ホー氏のSJM幹部が訪台で台湾進出にも意欲 各種記事

ゲーミングクラブ台湾初のカジノ 811054

オンライン・ポーカー大手のポーカースターズが、ライブトーナメントイベント「ポーカースターズ・ライブ」を、来年早期に初めて台湾で開催することが わかった 。

有名なオンラインカジノゲーム

今回は、特別に店内の撮影許可をいただいたので、徹底取材してきます! 特にハノイのカジノ未体験の方、必見です! カジノというと、ラスベガス、マカオ、韓国といったイメージ強いかもしれませんが、 現在、ハノイには 8店舗 ものカジノがあります。(年6月現在)。

ベトナム ハノイ / 日系カジノ「ハリウッド・ワン・ゲーミング・クラブ・ハノイ」オープン

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。 マカオのカジノ王 こと スタンレー・ホーが年に建設したカジノホテル です。 マカオのランドマーク的存在のホテルは高さmの52階建て! 蓮をイメージしたと言われる華やかなホテルの外観も印象的ですよね。

Ⅶ アジア・オセアニアにおけるゲーミング・カジノ法制度

インドでは年連邦「公共賭博法」(Public Gambling Act)により原則賭博行為は禁止とされ、年の「情報技術法」(Information Technology Act)においてもインターネット賭博は禁止されている。例外としてロッテリー、ベッテイング及び競馬は、別途特別立法措置により限定的に認められ、一部州で提供されているのが実態となる。但し、現実的には様々な形での違法賭博が横行している模様でもあり、スポーツ・ベッテイングやカード・ゲーム等は大都市では非合法裏に行われ一般化しているとされ、平均的インド人の賭博志向はかなり高いといわれている。 テニアン島 のカジノは年の住民投票により「年改定カジノ・ゲーミング法」が制定され、制度化されたことを嚆矢とする。もっとも、年にできたのは、小規模カジノのみで、顧客を惹きつけることはできず、事業としては失敗した。その後年に再度暫定的なカジノが許可されたが、1年もたたずに、これも失敗。単純小規模施設では地元住民しか顧客は期待できず、観光振興以前の問題でもあった。本格的なカジノ・リゾートの設置は年に、香港資本であるHong Kong Entertainment Overseas Investments Ltdに対する行政府によるライセンス付与により、ラスベガスタイプのデイナステイー・ホテルの施設整備が実現し、初めて可能となった。税率は粗収益に対し13%、収益はテニアン政府の歳入に充当され、公共福祉・教育等に支出される。規制機関としてのテニアン・ゲーミング管理委員会があるが、必ずしも精緻な監視や規制を行っているわけではない。爾来、日本、韓国を始め、極めて限られた一定の国の顧客層を集客できるに至っているが、規模は極めて限定され、限られた顧客層にとっての限られた市場でしかないというのが現実になり、マス・マーケットとしては成長できていない。やはり、観光客の物理的集客力が無いことが最大のネックになっているといっても過言ではない。またデイナステイー・ホテルにおけるカジノ施設も一部縮小化しており、今後の可能性に関しては不透明感もある。

33·34·35·36·37

ディスカッション