カジノ:シンガポールのギャンブル依存症患者はなぜ減ったのか? 各種記事

オンライン合法マリーナベイサンズカジノ 137778

主に観光客からの収益や世界の貿易の中間地点として収益を上げているシンガポールは、オンラインギャンブル(インターネットを介して行うギャンブル)に対して、規制を行っています。これは、2014年に施行された遠隔賭博法による物で、これによってシンガポールでは、自国・他国の企業がオンラインカジノを含む、オンラインギャンブルの運営を出来ない様になりました。さらに、自国民であるシンガポール人には、世界中のオンラインギャンブルに参加する事事態が違法という事になりました。 更に、内容はもっとシビアで、オンラインギャンブルに関するウェブサイトは全て閲覧ができなくなる他、広告の掲載も禁止。決済関係も利用できなくなるという事です。 入金の手段も出金の手段も経ち、更に、ウェブの閲覧もできなくなるとは・・・。なかなか本格的な法案になっています。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

出典: IR 統合型リゾート 推進法案 日本 【キーワード】/マーケット情報 - 三井住友アセットマネジメント。 この法案は、単純にカジノを作ろう!という事ではなくて、IR(Integrated Resort)という、統合型のリゾート施設を作ろう!という法案になります。

オンラインギャンブルが規制対象になった背景

建設費はなんと 55億ドル !日本円にして 約5,億円 で、世界で3番目に建設費が高い建物としても有名です。 まず抑えておきたいのが、宿泊施設であるホテルの情報。総客室数は 全2,室 という、モンスターホテルです。 客室タイプも豪華なスイートルーム、家族向けのファミリールーム、ラグジュアリーなデラックスルームなど、豊富な12種類から選ぶことができるのも特徴です。 高所からの景色を味わいたい!という人は、35階から49階にあるクラブルームでの宿泊がおすすめ 。日本に帰りたくなくなってしまうほどの贅沢な時間を、心行くまで楽しめるでしょう。 マリナーズベイ・サンズを語る上で、57階に設けられたインフィニティ・プールを挙げない訳にはいきません! まるで天国かと錯覚するようなプール がもたらしてくれる絶景は、もはやシンガポールのシンボルと化しています。 宿泊しなくてもいいからプールだけでも! という人も多いのですが、 残念ながらプールは宿泊者のみに限定開放されている ので、泊まっていない人は入れません。逆にいえば宿泊客であれば泳がなくとも入れるので、水着は恥ずかしいという人も、ぜひ景色だけでも見ておくべきです。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

参考サイト: 外務省海外安全情報 在シンガポール日本国大使館。 シンガポールのランドマーク的な存在である、 マリーナベイ・サンズ 。シンガポール初の政府公認カジノとして、オープンから現在に至るまで多くのプレイヤーから人気を集めています。 シンガポールの南に位置する、セントーサ島。 リゾート・ワールド・セントーサ の、クロックフォード・タワー内地下1階にあるカジノです。 ここでは シンガポールカジノでの遊び方や、両替、予算 についてご紹介していきます。 カジノへ行く前にこれらの情報を把握しておくことで、当日はスムーズに遊ぶことができますよ。 結論からお伝えすると、 勝利金に税金は発生する のです。 ただ納税義務が発生するには条件があり、 勝利金が50万円を超えた場合のみ税金を納めなくてはいけません。

112·113·114·115·116

ディスカッション